ロゴ

インプラント治療を受けるメリットや他治療との比較

HOME>アーカイブ>利用者増加中のインプラント治療について知ろう

インプラント治療とは何か?

インプラント治療は、虫歯や歯周病などで歯を失った時に行う治療方法の一つです。インプラント治療は利用者がどんどんと増えています。その理由としてメリットが多いからだと言われています。そのメリットについて一緒に確認していきましょう。

インプラント治療のメリット

インプラント

審美性に優れている

他の治療に比べて、インプラントは審美性に優れていると言われています。本物の歯に近い見た目の素材を使用しているので、専門家でないとインプラントと気づかれることはないでしょう。

優秀な耐久性

インプラント治療は、適切なメンテンナンスを行うことにより数十年という耐久性があると言われています。歯根と同じ役割をしているインプラント体は、チタンでできているので、腐食しにくいという特徴があります。

他の歯を傷つけない

自立することができるインプラントの構造から、他の歯に支えてもらう必要がありません。ブリッジや部分入れ歯は他の歯に支えてもらう形になるので、残っている歯への負担が大きくなるでしょう。

インプラントと他の治療の違い

インプラント治療以外にも、歯を失った時に行う治療はたくさんあります。先ほども少し触れましたが、ブリッジがそのうちの一つとなります。ここからそれぞれの特徴を比較していきます。

インプラントとブリッジの特徴

インプラントの特徴

インプラントはあごの骨にインプラント体と呼ばれるボルト状の金具を入れます。なので、他の歯に負担をかけずにすみます。ですが、インプラント体を埋めるのに外科手術が必要なので体にかかる負担が大きくなるでしょう。

ブリッジの特徴

ブリッジは保険が適用される治療なので、安い費用で受けることができます。また、外科手術などの大掛かりな治療もありません。ですが、他の歯を削ったり、噛むたびに負担をかけてしまいます。

利用者増加中のインプラント治療について知ろう

インプラント

治療を受けられない人

インプラント治療は残念ながら全ての人が受けられるわけではありません。あごの骨を削るなど体に負担がかかる手術を行うので、それに耐えられる体力が必要となります。お年寄りの方は受けられない可能性もあります。また、あごの骨ができあがっていない未成年の方も受けられないでしょう。

インプラント治療に関するQ&A

医師

金属アレルギーがあっても大丈夫ですか?

チタンは金属アレルギーがあっても反応しないとされていますが、稀にアレルギー症状が出る方もいます。治療前に血液検査などを行うので、もし反応しそうなら治療を受けられない可能性もあります。金属アレルギーでも受けられる方が多いので、そこまで心配しなくても大丈夫でしょう。

手術時に麻酔はしてくれますか?

局所麻酔を行うので、術中に痛みを感じることはないでしょう。術後に多少の痛みが出る場合もありますが、鎮痛剤が処方されるので、痛みを抑えることができます。

どのくらいの治療期間が必要ですか?

体質や治療内容によって治療期間は変わりますが、初診から大体6〜8回の通院が必要になると言われています。

広告募集中